プレゼント

プリザーブドフラワーは開店祝いに最適|室内に華やかさをプラス

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんのお祝い

乳児

3月3日や、5月5日は桃の節句や端午の節句となっています。子供の成長を祝う大事なイベントですが、子供が生まれて初めてむかえる場合は、初節句と言い盛大に祝う風習があります。招待客を呼ぶことは少なくなっていますが、今でも初節句は身内で集まり華やかに祝っています。両親や親せきからは、ひな人形や鎧兜など、イベントに欠かせない品を贈られることもあるでしょう。これらの品は、一般的に大変高価な価格となっているので、いただいた場合は内祝いで感謝の気持ちを伝えましょう。

初節句に相応しい内祝いは、あられ菓子や柏餅などがオススメです。中には、甘い物が苦手な方もいるでしょうから、日用品とセットでおくっても喜ばれるはずです。どの程度の金額の商品を選ぶか迷った場合は、いただいた金額の半額から三分の一程度の金額を目安にしましょう。地域や風習にもよって変わることもあるので、親や身内に相談してみても良いでしょう。

初節句を無事に迎えたあとは、3週間から1か月を目安に、内祝いをおくりましょう。祝いの席では、お土産変わりの品を、別で用意しておいても良いでしょう。熨斗をつける際は、必ず内祝いと書き加え、贈り主である子供の名前を記入しましょう。水引は紅白の蝶結びがベストです。メッセージカードや写真を添えて、感謝の気持ちを一言加えておけば、相手からも喜ばれるはずです。通販サイトで内祝いの品を購入すると、これらが無料でついてくるので、大変便利です。